ヘルパー向けコンテンツ

PAM通信モバイル版

PAM通信 vol.104 2014.7 発行

見落としがちな労働時間と残業について


パーソナルアシスタント町田のホームページに衛生委員会というコンテンツがあり、バックナンバー第48回衛生委員会で労働時間と残業について詳しい説明が載っています。
労働基準法が労働者の健康を守る為に作られたものとの趣旨が書かれていますが、私も月末に翌月の予定を作るに当たって各ヘルパーさん達に相談して、過重労働にならないよう他の利用者様宅の労働時間も計算して貰い、私のところで何時間の勤務が可能なのか聞きシフトを作成していました。かなり気にして作成していたのですが盲点がありました。

年度末という事もあり、ヘルパーさんによっては研修、カンファレンス、省略健診と立て続けに行なわれ時給が発生している場合があるのです。ヘルパーさん自身も気にしていないと忘れている可能性があります。
私のヘルパーさん達は常勤者が大半を占めていて、夜勤をしている人も多いので健康診断を年2回受けて時給が出ていたり、研修や他のお宅でのカンファレンスに出席し時給が出ていたり、ヘルパー勤務以外での時給が発生している事に気付きました。今回は事前に分かったので対処が出来て過重労働者を出さずに済みました。

今後、過重労働者を出さないために利用者の方々にもご理解頂き、ヘルパーはもとよりサ責、事務局と連絡を取りあう事で、先ずはご自身の生活を守る為にヘルパーさんの増員など必要な策を講じ、その上でパーソナルアシスタント町田が優良企業であり続けるようにご協力をお願い申し上げます。
また、残業時間について分かり易く記載した資料がありますのでここに載せさせて頂きます。バックナンバー第48回衛生委員会と共に参考にして下さい。

残業時間について

                                     資料作成者 能登山 陽

労働基準法を遵守し過重労働をおこさないため残業時間の上限を説明いたします。

労働時間と残業上限について

      /基本労働時間 残業時間 合計時間 最大労働時間
    31日月 177時間 45時間 222時間 346時間
    30日月 171時間 45時間 216時間 340時間
    28日月 160時間 45時間 205時間 329時間
  • やむをえない時事情で合計時間を超えることもありますが年間6回が上限です。
  • 健康リスク、事故発生リスクともに高まるため超えない範囲での勤務を推奨します。
  • やむなく超えてしまう場合は疲労状態の聞き取りや医師による面接指導などアフターフォローと改善策をサ責、衛生管理者、産業医と協力し問題発生が起きないように努めます。


- やむをえない事情で超えてしまう場合の残業時間について -

最大残業時間は年間1194時間です。
毎月45時間残業すると仮定すると残りが654時間です。
654時間を6回で割ると109時間です。
超えてしまう月は

      /   合計労働時間 最大労働時間
    31日月 331時間 346時間
    30日月 325時間 340時間
    28日月 314時間 329時間
合計労働時間を上回る平均になってはいけません。最大労働時間は超えてはいけません。
超える可能性は低いですが念のため記載します。
  • 週の労働時間が49時間以下だと原則残業が問題になることはありません。
  • 45時間の残業を超えてしまう月はできるだけ前月のうちにサ責に連絡して下さい。
  • 過重労働が確認されたらサ責から連絡をします。

ご不明な点やお問い合わせは能登山までお願いいたします。
  パーソナルアシスタント町田
    衛生管理者 能登山 陽
    電話 042-850-9141
    E-mail notoyama@pa-machida.co.jp

まだまだ活用したいヘルパー応募・利用者募集台帳

 PAM・PASと事業所が二カ所に増えた事で、働きたい人などがいたとき、いままでは電話連絡でPAM・PAS双方の情報交換をして、他の利用者様の空き時間などを、サービス提供責任者に聞く等の面倒な上、時間の掛かる作業をしていました。

 そこでこの度、事務の効率化を図るべく、PAM・PAS双方からパソコンで見ることが出来るヘルパー応募・利用者募集台帳を作成しました。利用者様におきましては、もしヘルパーさんを募集したい時は、事務局、又はサービス提供責任者に希望介助の曜日、時間帯や性別等を連絡して頂き台帳に登録。

 ヘルパーさんにおきましても、同じ手順で台帳に登録して頂く事で、利用者様、ヘルパーさん達お互いの曜日、時間帯等が合う場合、すぐに担当者から面接などの連絡をさせて頂くという事が可能になります。利用者様が希望する時の該当ヘルパーさんがいない場合も今までより早く回答が出来、募集などを早く掛けられます。

 台帳が皆様に有効活用されることで募集時の対応が迅速に行え3スタッフに大変便利になるかと思います。 利用者様、ヘルパーの皆様には台帳登録と、その後、契約完了時の登録の取り下げを事務局、又はサービス提供責任者にご連絡頂き、いつでも皆様のニーズに応える事が出来る台帳作りを目指して行きたいと思いますので、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

PAMcafe 夕涼み会のお知らせ。

グルメ写真 次回のPAM caféのお誘いです。 PAM caféでは、普段顔を会わせる機会が少ない当事者やヘルパーさん、福祉関係のお仕事に就かれている方々の交流の場を、『食事』『レクリエーション』『お出掛け』を通して、年三回行っています。
今回は暑い夏にピッタリの「餃子パーティー」です。夕方、夕涼みしながら皆で作って、ガンガン焼いて夏を乗り越えましょう。その後、花火なんて乙ですね。

*参加の連絡は不要です。気軽にプラッとお越し下さい。
*途中参加、途中退室OKです。

日時:7月25日(金)17:00-20:00
場所:パーソナルアシスタント町田事務所
電話:042-850-9141
目的:地域にお住まいの当事者同士の方や、社内の交流。
会費:無料

*ご家族、ご友人をお誘い合わせの上ご参加もOKです。
ご質問等は担当の芹澤までお問い合わせ下さい。
メールアドレス:serizawa@pa-machida.co.jp