Facebook logo
vol.137 2017.4 発行

2008年から現在までの処遇改善費用内訳と処遇改善加算計画書

2008年から現在までの処遇改善費用内訳
当社の2008年10月から2017年3月までに行った処遇改善費用(賃金以外)は以下の通りです。

就業規則変更費用  426,200円
福利厚生費(健康診断、予防接種、退職金掛金等) 30,759,461円
事業所移転・設立費用(付属設備購入費用)    6,188,256円
研修用福祉用具購入費用  2.115.900円
研修講師費用  860,360円
介護技術講習等受講料 1,896,632円

総額 42,246,809円となりました。

今後も賃金以外においてもスタッフの皆様の処遇改善に努めさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。又、H29年度の処遇改善加算計画書もHP上にアップしましたのでご確認下さい。

当社は損害賠償保険に入っています!

当社では、労災と利用者様宅でのヘルパーさんによる物品破損を想定して、損害賠償保険に入っています。現在の保険会社はあいおいニッセイ同和損害保険です。
この保険は、勤務中や通勤途中に怪我などをした場合と利用者様宅で電化製品など、あらゆる物をヘルパーさんの過失で壊してしまった場合にこの保険が使えます。
物品破損の場合は、どんなに安価な品物であっても、利用者様への報告は勿論ですが、ご家族が同居の場合、もしくは、良くお見えになる場合は、必ずご家族への報告もしたいので、利用者様が「いいよ!いいよ!」と言ってくださっても、その場で収めず必ずサービス提供責任者に報告して下さい。
報告を受けたサービス提供責任者は、事業所長とご家族に連絡して事実報告をして下さい。その上で損害賠償になる場合は、PAMの三上さんに報告して指示を仰いで下さい。
労災でも損害賠償でも申請に当たり手順がありますので、下記の書式を参考にして必要な事柄等が分からなくならない様に注意して下さい。


「労災と損害保険の申請シート」の見本です。


作成日 平成  年  月  日
作成者           

労災申請
怪我をした日時:
怪我をした場所:
怪我をした時の状況:(詳しく記入して下さい)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

傷病名:
病院名:
薬局で薬をもらったか:
およその通院期間予定:
現認者の許可:
(通勤災害以外の労災はたいてい利用者様がその状況を知っているかと思います。
労災の機構から利用者様に連絡がいく場合がごく稀にあるそうなので、その連絡が来ても良いかどうか確認してください。今のところ利用者様に連絡がいった例はございません)

損害保険申請
器物を破損した日時:
器物を破損した場所の住所:
破損した時の状況:(詳しく記入して下さい)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

器物の所有者:
破損した器物の品名、型番:
破損した器物の購入時期と購入金額:
(購入時期、金額はわからない場合は大体でも結構です)
修理の有無:
(修理可能な場合は見積もりか、修理後の領収書をもらって下さい)


印刷する場合はコチラのpdfファイルをダウンロードして下さい pdfファイルアイコン           

器物を破損したらまずは利用者様に報告し、損害保険用にスマホで写真を撮ってください。
損害保険の場合破損した器物(修理不能)に対し補償する額は購入した金額では無く減価償却されます。
例えば3年前10万円で買ったテレビを壊してしまった場合は価値が半分位に落ちる可能性もあります。

報告がサービス提供責任者に上がったら記入して三上に報告をください。質問も三上までお願いします。

まだまだ活用したいヘルパー応募・利用者募集台帳

PAM・PAS・PAY・PAHと、事業所が4カ所に増えました。働きたい人などがいたとき、いままでは人事担当者が台帳管理をしてきましたが、事務の効率化を図る為、サービス提供責任者が求職・求人窓口の担当になりました。希望介助の曜日、時間帯や性別等必要情報を伝えて台帳に登録させて頂きます。
台帳が皆様に有効活用されることで募集時の対応が迅速に行え3スタッフに大変便利になるかと思います。
利用者様、ヘルパーの皆様には台帳登録と、その後、契約完了時の登録の取り下げをサービス提供責任者にご連絡頂き、いつでも皆様のニーズに応える事が出来る台帳作りを目指して行きたいと思いますので、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

PAMcafeお花見が行われました!

4月2日(日) 11:00-14:00 芹が谷公園にてPAMcafeが行われました。
社内・社外合わせて約40名の参加があり、大盛況となりました。

桜は三分咲きでしたが、帰る頃にはもう少し咲いていました。
今週半ばが満開となりそうです。
今回来れなかった方も、来てくださった方も是非、満開の時期に行ってみては。

ご参加いただいた皆様、準備をお手伝いいただいた皆様、ありがとうございました。
次回のPAMcafeは夏頃予定です。
また、日が近くなりましたら、案内状・メール・PAM通信・Facebookにて、ご案内させていただきます。

芹澤

PAM-cafe集合写真

PAGE TOP