Facebook logo
vol.142 2017.9 発行

9月から新年度です

ヘルパーの皆様には、各事業所での勤務で大変お世話になっております。
さて、毎年度の事ではありますが、研修、健康診断、カンファレンスと、当社ではヘルパースタッフ参加必須ものが幾つかあります。昨年度はサ責等から連絡をして、8月ギリギリに研修、健康診断を受ける方もいてヒヤヒヤしました。
今年度は7月末までには健康診断を終えて頂き、研修もHPの研修通信で確認して頂き、ヒヤリングシートに記載した研修、または、興味のある研修があれば是非早めにご参加ください。
カンファレンスに付きましては、利用者様とサ責とで、なるべく多くのヘルパーさんが参加出来る様に日程調整を致しますので、連絡がありましたらご協力の程、よろしくお願い致します。

災害対策

ここ数年、地球規模で異常な気象現象続いています。いつからか「ゲリラ豪雨」などといった言葉を聞くようになり、 TSマーク 各地で短時間に100ミリもの大雨が降ったりしています。災害といえば「地震」「大雨」「台風」等が定番でしたが、最近は北朝鮮のミサイルも脅威になって来ました。
日本の上空を越えて太平洋に落下させるという暴挙に出たのです。
政府の外交的な対応はさておき、発射された場合の私達の対応はどうするかが問題です。
今回のミサイルが発射されたのは下記の様な流れでした。
まず、北朝鮮からミサイル発射・・・国民は誰も気づいていません
(約5分)
Jアラートで警報・・・「頑丈な建物や地下に逃げよ!」と
(約3分)
日本列島に落下・・・(今回は、北海道上空を通過)
実質、Jアラートが鳴ってから3分しかありません。何ができるでしょうか?

ニュース等では危険回避の方法として

  1. 家にいる場合は、ガラス窓から離れ、部屋の隅にうずくまり頭を守る。その際には布団や毛布を被ると更に有効とされています。
  2. 屋外に居る場合は、ビル等の頑丈な建物や地下に逃げる。
  3. 周りに何もない場合は、その場でうずくまり頭を守る。と言っていました。

予告もなしに攻撃されるので「運を天に任せる」というような対応ですが、何もしないよりはマシだと思います。 先ずはそのような事態にならないように、国連や各国政府の対応策が実る事を祈るばかりです。

初めての夏のイベント『PAM納涼会』

8月19日に、福利厚生の一環として弊社で納涼会を開催しました。 今回のイベントは山形県をテーマにしました。山形県の日本酒や特産品をいくつか用意し、TSマーク花笠まつりのBGMを聴きながら皆様に山形の雰囲気を味わっていただきました。
TSマーク参加者のドレスコードを、浴衣か甚平にした事によって日本の夏をより感じていただけたのではないかと思います。
企画の一つとして、5種類用意された日本酒から、「くどき上手 命」という一番高い銘酒を当てる利き酒大会を行いました。
日本酒をあまり飲まない人にとってはとても難しく、それがまた楽しかったです♪
お酒を飲みながらおつまみを食べ、お酒が飲めない人でもいろいろな特産品を味わいながら参加してくださった方達とお話をして盛り上がりました。
初めてのイベントでしたが、参加してくださった皆様のおかげで大成功に終わりました。本当にありがとうございました。
次回、納涼会のような企画があるときは早めに皆様に声かけをし、利用者様にもぜひ参加していただきたいと考えています!!
乞うご期待!!!
TSマーク TSマーク TSマーク













まだまだ活用したいヘルパー応募・利用者募集台帳

PAM・PAS・PAY・PAHと、事業所が4カ所に増えました。働きたい人などがいたとき、いままでは人事担当者が台帳管理をしてきましたが、事務の効率化を図る為、サービス提供責任者が求職・求人窓口の担当になりました。希望介助の曜日、時間帯や性別等必要情報を伝えて台帳に登録させて頂きます。
台帳が皆様に有効活用されることで募集時の対応が迅速に行え3スタッフに大変便利になるかと思います。
利用者様、ヘルパーの皆様には台帳登録と、その後、契約完了時の登録の取り下げをサービス提供責任者にご連絡頂き、いつでも皆様のニーズに応える事が出来る台帳作りを目指して行きたいと思いますので、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。




PAGE TOP