ヘルパー向けコンテンツ

PAM通信モバイル版

PAM通信 vol.92 2013.7 発行

ダイレクトペイメント等について

パネラー写真

当社の木村さんが個人的に行った講演会で、フィンランド等で導入されているダイレクトペイメント等について学んできました。究極のSCMの形態だと私は思うのですが、皆さんはどう思われますか?
日本のように高齢者や障害者を支援する事業者に介護報酬が支払われるのではなく、地方自治体から本人に必要な経費が支給され、ヘルパー雇用を自ら行う制度です。 つまり、利用者が雇用主になる訳ですから、労基法等の各種法令や請求業務等に精通する必要があります。

ガイドブックを読み込む他、制度利用開始時やその後も相当な研修参加や情報収集が必要なようです。自由を得るためには相当な責任感が必要ということですね!
ちなみに医療的ケアについても日本のように厚生労働省が定めた研修を受講する必要がない分、ヘルパー研修や指導も医療職と連携しながら自ら行う他、緊急時対応の手順も自ら用意しなければなりません。医療職ではない介護職に任せる訳ですから、事故がおきても自己責任のようです。

厚生労働省19年ぶりに「職場における腰痛予防対策指針」を改訂

腰痛は介護を行っているヘルパーさん達にとって大きな悩み、問題になっていると思います。
当事業所でも、研修等で腰痛予防対策を皆さんに紹介してきました。ならない様に気を付けていても、いつ起きるか分からない腰痛。
介護職にも厚生労働省が動き出してくれました。
「職場における腰痛予防対策指針」が改正されたのでご案内します。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/youtsuushishin.html


PAM cafe BBQ 報告

霜降り牛写真

6月30日(日)パーソナルアシスタント町田事務所にて『焼き肉パーティー』が行われました。当初の企画は、昭和記念公園にてBBQの予定でしたが、天候が安定しなかったため、急遽雨天企画の焼き肉パーティーに変更致しました。皆様のご協力により、準備から片付けに至るまで速やかに行う事が出来ました。
お手伝い下さった皆さま、本当にありがとうございました。

今回は20名以上の方が参加され、また地域にお住まいの当事者の方々の参加もあり、PAM cafeの開催目的である『普段顏を合わす事が出来ない人との交流の場』として、とても良い会となりました。
レクリエーションでビンゴ大会も行われ、なんと1等の景品は『ディズニーリゾート•ペアチケット』でした!!

今回ご参加戴けた方も、都合が悪く参加出来なかった方も、次回PAM cafeにふるってご参加下さい。
次回PAM cafeは秋頃開催予定です。ご意見や率直なご感想、企画のアイデア等、是非ともお寄せ下さい!
次回PAM cafeで、皆さまにお会い出来るのを楽しみにしております。
今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。(芹澤)