ヘルパー向けコンテンツ

PAM通信モバイル版

PAM通信 vol.93 2013.8 発行

職場における腰痛予防の取組を!

厚生労働省において、「職場における腰痛予防対策指針」の改訂が発表されました。以下のリンクを参考に、職場における腰痛予防に努めてください。 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/youtsuushishin.html

「くえびこ」での学習会へ参加して

今回は、先日、行われた「くえびこ」での学習会へ参加して、参考になった話を紹介させて頂きます。故人であられるY氏という「青い芝の会」の方の話です。
Y氏いわく「健全者は差別者だと言う事を肝に銘じろ」という一方で「介助者を大切にしろ」とよく言っていたそうです。

作業所も運営していたそうで、まだ運営し始めの頃、家に居られなくなった若い仲間が、1年以上作業所に泊まり込んでいたらしいのですが、その若者が、介助者を夜中に叩き起こして朝食を買いに行かせた事が発覚し、Y氏がすごい勢いで怒ったそうです。
「介助を受けるという事は正当な要求ではあるが、主体性とわがままを厳しく区別しなければならない」と言ったそうです。この事はPAM、PASを利用している我々にも当てはまる事では無いかと思いました。

当事者とヘルパーさんの信頼関係は時間を掛け、熟成させることで深まっていくのではないかと思いますが、感謝の気持ちを忘れず、お互いの立場を尊重し合い、「気持ちの良い介助をして貰う」「気持ちの良い環境で働いて貰う」これこそが、お互いの幸せに繋がる最短の道であると私は信じています。
Y氏の話にはまだまだ続きも「薄れゆく障がい者運動」についての話もあるのですが、福祉の観点からの話をご紹介させて頂きました。

もっともっと活用したいヘルパー応募・利用者募集台帳

PAM・PASと事業所が二カ所に増えた事で、働きたい人などがいたとき、いままでは電話連絡でPAM・PAS双方の情報交換をして、他の利用者様の空き時間などを、サービス提供責任者に聞く等の面倒な上、時間の掛かる作業をしていました。
そこでこの度、事務の効率化を図るべく、PAM・PAS双方からパソコンで見ることが出来るヘルパー応募・利用者募集台帳を作成しました。

利用者様におきましては、もしヘルパーさんを募集したい時は、事務局、又はサービス提供責任者に希望介助の曜日、時間帯や性別等を連絡して頂き台帳に登録。
ヘルパーさんにおきましても、同じ手順で台帳に登録して頂く事で、利用者様、ヘルパーさん達お互いの曜日、時間帯等が合う場合、すぐに担当者から面接などの連絡をさせて頂くという事が可能になります。

利用者様が希望する時の該当ヘルパーさんがいない場合も今までより早く回答が出来、募集などを早く掛けられます。
台帳が皆様に有効活用されることで募集時の対応が迅速に行え3スタッフに大変便利になるかと思います。
利用者様、ヘルパーの皆様には台帳登録と、その後、契約完了時の登録の取り下げを事務局、又はサービス提供責任者にご連絡頂き、いつでも皆様のニーズに応える事が出来る台帳作りを目指して行きたいと思いますので、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。


PAM cafe BBQのお誘い

バーベキュー写真

次回のPAM caféのお誘いです。 PAM caféでは、普段顔を会わせる機会が少ない当事者やヘルパーさん、福祉関係のお仕事に就かれている方々の交流の場を、『食事』『レクリエーション』『お出掛け』を通して、年三回行っています。
今回は前回雨天で中止になったBBQのリベンジを行いたいと思います。今のところ場所は未定ですが、町田からアクセスの良い場所を!と考えております。
日時:9月29日(日)12:00-15:00
場所:町田駅周辺屋上BBQ場or こどもの国 or 昭和記念公園
目的:地域にお住まいの当事者同士の方や、社内の交流。
会費:1000円
お問い合わせ先:serizawa@pa-machida.co.jp 芹澤。

雨天の場合は『カラオケパーティー』です。
日時:9月29日(日)13:00-16:00
場所:町田駅周辺、カラオケ店
会費:500円

*BBQ等の詳細は来月号のPAM通信にて、ご案内させて戴きます。