ヘルパー向けコンテンツ

PAM通信モバイル版

PAM通信 vol.98 2014.1 発行

新年明けましておめでとうございます。

日の出写真

皆様がこのPAM通信を見る頃には、すっかりお正月気分も抜けて、日常生活に戻っているでしょうが、今日は2014年1月1日元旦、天候にも恵まれ最高の初日の出を拝めた方も大勢いることでしょう。
寒さに弱い私は実際には見ていないのですが、暖かい布団の中でラジオのパーソナリティーが語る初日の出を、自分の思い出の初日の出と共に想像し堪能しました。
しかしその時思ったのですが、映像の無いラジオで日の出を語られる時には、誰でも今までに「どこかで」「何かで」見たであろう日の出を思い浮かべ、パーソナリティーの表現を勝手に上書きして足しているのだろうと言う事です。

例えば、「富士山の山頂から太陽が・・・」と言われると富士山を、「アフリカ大陸の地平線から・・・」と言われると褐色の大地を、というイメージの上塗り。
本当に見ている人とは、眩しさも色も違うはずなのに、あたかもそれを見ているかの様に思い浮かべてしまいませんか?今日の私がそうでした。
しかし、想像なんてものは人それぞれですから、同じラジオを聴いていても十人十色で当たり前でしょう。仮に同じラジオ番組を聴いていた1000人の頭の中の映像を取り出せたとして並べても、似たものはあっても全く同じ物は無いでしょう。
そう考えてみると、人間は想像力も含めて、育った地域や生活環境、年齢などで知識や常識、言葉遣いなども人間十人十色のはず、少なからず違っていて当たり前ではないしょうか。

言葉遣いで言うと私には思い当たるエピソードがあります。
当時私より20歳ほど年上の知り合い御夫婦でしたが、ご主人の事を奥さんが「おまえ」呼ばわりした事に最初はビックリしました。聞いてみれば、岩手の一部の地域かも知れませんが、方言のようで当たり前に使われているようでした。しかも私の知る限り、同僚や目下の者に使われている言葉でしたが、貴様と同様に時代と共に使われ方が変化したようで、古くは貴人や神仏などに使われていた言葉だそうです。
そこでふと思ったのは、ヘルパーさん達は?でした。
皆さんも北は北海道、南は沖縄?出身の方達の集まりですから、初めはこちらに来て驚いた事も沢山あったのではないでしょうか?
私が岩手のご夫婦に驚いたように、利用者様の中にもそんな人が居るかも知れません。逆に利用者さんの言葉にビックリしたヘルパーさんもいる事でしょう。

私も含めてですが、自分の使っている言葉や態度についてもう一度省みる必要はないでしょうか。
言葉や習慣とは恐い事に、当人は当たり前だと思っている事が、他の人には不快に感じる場合があるかも知れません。上手なコミュニケーションを取り、直すべき所を探さなくてはなりません。
食事介助イラスト 自分を障がい者扱いしない介助者をあえて雇う映画「最強のふたり」は感動的だし面白かったけれど、映画のように行けるのは実話といえどもそうそう無い事だし、実際にされては困る態度や言葉遣いなども多々ありました。
皆さん敬語で利用者様に接していますか?
利用者様とヘルパー間の線引きは出来ていますか?

利用者様ごとの主体性・生活のペースを尊重してあげていますか?
何を食べようか考えている利用者様に「あれはどう?これはどう?」などと、矢継早に急かしたりしていませんか?
何年も勤めたお宅で、冗談を言い合える仲になっていても、仕事である事を忘れないのが「プロのヘルパー」ではないでしょうか。
口コミが大事な業界です。ヘルパーの皆様が当社の看板なのです。
年頭から口やかましい事を言うようで恐縮ですが、今一度、自分の立ち位置を再確認して新たな一年にして頂ける様宜しくお願い致します。

PAM cafe ふぐ鍋 新年会

ふぐイラスト 次回のPAM caféのお誘いです。 PAM caféでは、普段顔を会わせる機会が少ない当事者やヘルパーさん、福祉関係のお仕事に就かれている方々の交流の場を、『食事』『レクリエーション』『お出掛け』を通して、年三回行っています。 今回は『てっちり鍋』で新年をお祝いしましょう。

日時:1月17日(金) 17:00-19:00
場所:パーソナルアシスタント相模原
電話:042-851-4904
所在地:〒252-0331 神奈川県相模原市南区大野台7-6-1 旭荘1Fオフィス
http://www.pa-machida.co.jp/contact.html(当社HPコンタクトペ−ジ)
目的:地域にお住まいの当事者同士の方や、社内の交流。
会費:無料

<アクセス方法>

    JR横浜線古淵駅より徒歩でおよそ15分です。
    駅より右手方向に直進し、「古淵駅前」交差点を越えて、つきあたりを左折、一つ目の交差点「古淵駅南」を右折します。国道16号を歩道橋でこえてさらに直進、右手側、相模原南病院の手前を右折します。左手に郵便局を越え、さらに100メートルほど進んだ左手側です。

<お車でお越しの方へ>

    駐車場がございませんので、公共交通機関でお越し下さい。
    *迷った際は事務所までお電話下さい。
*参加希望の方は、お名前を添えて1月17日(金) 13:00までに、メールにて担当の芹澤まで、ご連絡ください。(ご家族、ご友人をお誘い合わせの上、ご参加下さい!)

お問い合わせ先:芹澤 serizawa@pa-machida.co.jp