利用者様の自己選択・自己決定を尊重し
主体性のある暮らしを応援します

散歩写真

重度な障がいのある利用者様が多く、自立生活、行政サービスやヘルパーさんとのコミュニケーションについて気軽に話し合えるような横のつながりが特徴の事業所です。ぜひ、多くの方にご利用いただき、つながりの輪を広げ、皆様に主体性のある暮らしをしていただけたらと思います。

  • お申し込みからサービスご利用までの流れ
  1. 相談・申請

    利用したいサービスを受ける際に、どういった援助やどの程度の時間数が必要かを市町村、または相談支援事業者に相談します。その結果、サービスが必要な場合は市町村に申請をします。
  2. 訪問調査(一次判定)

    申請後、市町村から現在の生活や障がいの状況についての調査を受けます。
  3. 審査・認定(二次判定)

    市町村からかかりつけの医師に心身の状態やサービス利用等に関する意見書の作成を依頼します。 調査の結果と医師の意見書をもとに、障害程度区分が認定されます。
  4. 決定通知

    認定区分をもとに、サービスの種類・支給量、利用者負担上限金等が決まり、決定内容の通知とともに「障害者福祉サービス受給者証」が交付されます。
  5. 事業者との契約

    受給者証が交付されたら、サービスを利用する事業者を自ら選び、受給者証を提示して利用に関する契約をします。
  6. サービスの利用

    事業者との契約に基づいて、サービスの利用を開始します。
  • 当社との契約後の流れ
  1. アセスメントシートの作成

    生活状況、身体状況、目標、要望を当社スタッフがお伺いし記入します。
  2. 居宅介護計画書の作成

    アセスメントシートに基づき作成します。生活の要望、介助目標、計画予定、注意事項を記入しヘルパーさんたちに暮らしを理解してもらうための大切な書類です。
  3. ヘルパーさんの手配

    ご希望の計画予定にそってヘルパーさんを手配します。自薦でも、事務所に依頼いただいても大丈夫です。 事務所でおこなう一次面接では当事業所の基本を説明し、納得いただいたあと、時間の都合が合うヘルパーさん達の中から利用者様自身に最終面接をおこなっていただきます。ヘルパーさんのスキルアップと長期雇用のために事務局は一次面接をするだけではありません。ヘルパーさんたちの熟練と安定した雇用のために資格補助、スキルアップ研修、カンファレンス、相談窓口によりしっかりとサポートし続けます。
  4. サービス提供責任者の決定

    サービス提供責任者を決めます。チームのリーダーとなる熟練ヘルパーです。 サービス提供責任者は管理職として上位の研修を受けている、なんでも相談できるパートナーです。
  5. 生活のスタート

    どんな些細なことでも心配なことがありましたらサービス提供責任者や事務局に相談してください。 自己選択、自己決定のある充実した暮らしを応援します。

TOP