パーソナルアシスタント町田
vol.105 2018.6 発行

研修のお知らせ【希望者は研修担当へ連絡を下さい】


-研修担当から-
ヘルパー・スタッフの皆様
いつも社内研修を受講してくださりありがとうございます。本年度も残すところ2ヵ月となりました。
当社は特定事業所加算を取得することで福利厚生を充実させることが出来ています。
ヘルパー・スタッフの皆様にお願いしている必須要件は健康診断・カンファレンス・研修です。
7月はまだ受講できていないスタッフの個別対応をさせていただきます。
既に研修担当やサービス提供責任者から連絡が届いていると思います。
受け取ったスタッフは早めの返信を宜しくお願い申し上げます。

7月初旬にヒアリングシートを配布します。
皆さんの希望に沿う充実した研修を開催する、勤務状況の把握する、ワーキンググループ(WG)の参加確認を目的としています。
いろいろとお願いすることばかりで申し訳ございません。
何卒、宜しくお願い申し上げます。





研修報告


「褥瘡予防」


講師:神奈川リハビリテーション病院 作業療法士 佐々木 貴 様
日時:2018年5月24日(木)15:00-17:00
会場:パーソナルアシスタント町田会議室
参加:22名

-所感-
ポジショニングについて、いろいろなパターンを学ぶことが出来ました。
圧とズレの予防の大切さも知ることが出来てとても参考になりました。
利用者様の負担や苦痛を軽減できる知識を学ぶことが出来ました。
利用者様の指示で行っていた圧抜きの重要性を理解することが出来ました。
ALSの利用者様宅で勤務していますが、身体の位置を細かく指示する理由がよくわかりました。
今日、勉強したことを生かして利用者様が心地よく過ごせる提案をしていきたいと思います。
「褥瘡を見慣れてはいけない」佐々木さんの言葉が印象的でした。
除圧について全く理解できていなかった。背抜きという言葉も初めて耳にしました。身体が不自な方に対して、もっとよく観察して少しでも楽な姿勢をとって頂けるようにしたいと思いました。

-研修風景-

褥瘡予防① 褥瘡予防③ 褥瘡予防⑤
褥瘡予防② 褥瘡予防④




PAM研修通信と研修に関するお問い合わせ先


パーソナルアシスタント町田研修担当
町田本社 担当 吉谷  電話 042-850-9141 mail yoshitani@pa-machida.co.jp
相模原  担当 小原  電話 042-851-4904 mail ohara@pa-machida.co.jp
横浜   担当 木田橋 電話 045-482-4213 mail kidahashi@pa-machida.co.jp
八王子  担当 松尾  電話 042-634-9861 mail matsuo@pa-machida.co.jp

(携帯メールアドレスをご使用の方は、メール連絡等が受信できるよう設定をお願いします)


PAGE TOP