パーソナルアシスタント町田
vol.117 2019.6 発行

研修のお知らせ【希望者は研修担当へ連絡を下さい】



-7月の研修案内-


「コミュニケーション・対人関係が苦手な方の接し方」

講師:松尾 晃平さん(ヘルパースタッフ、ゆめキッズ児童指導員)
日時:2019年7月12日(金)14:30-16:00
会場:町田会議室

-内容-
発達障がいの概要や発達障がいの方への対応などについて学びます。身近に起こるあるある話などもいくつかお話ししていただき発達障がいについて理解しましょう。

「障がいと供に自分らしく生きる」

講師:川上 裕美様 町田ヒューマンネットワーク会員・利用者
日時 : 2019年7月16日(火)13:30-16:30
会場:町田ヒューマンネットワーク フリースペース
アクセス:町田市原町田2-22-26プリモ・レガーロ町田1F
持物:筆記用具
主催:CIL町田ヒューマンネットワーク
応募締め切り:7月8日(月)※先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。

-内容-
来年は、東京オリンピックが開催されます。
日本での開催は夏冬合わせ4度目となり、前回の東京大会は1964年でしたが、その10年前に兵庫県西宮市(甲子園球場があります)にて、 脳性麻痺の障がいを持ち生まれた会員・利用者の川上裕美さんは大阪市、堺市、世田谷区を経て、漸く町田市に落ち着いたのが45年前。
当時は都市部を中心に革新自治が多く樹立された時代、「福祉の町田」と全国的に有名になる基礎ができた時代でもありました。(最近は少し危ういですが…)
時代・社会的背景も含め、川上裕美さんの生き方や社会との繋がり、仲間作り等の話を伺いながら、障がいを持ち生きることの意味を介助者の皆さんと一緒に考えたいと思います。

「調理実習基本編」

講師:石塚 直子様(町田ヒューマンネットワーク ヘルパー・ケアスタッフ)
日時 : 2019年7月30日(火)10:00-14:00(終了時間は目安です)
会場:町田市民フォーラム調理室
アクセス:町田市原町田4-9-8 サウスフロントタワー町田3F
主催:町田ヒューマンネットワーク
応募締め切り:7月23日(火) ※先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。

-内容-
今回は、今まで調理に苦手意識のある方や、調理にあまり慣れていない方を対象にカレーと肉じゃがをメインに作ります。カレーと肉じゃがは途中まで同じ工程で作り、仕上げで二品に分けます。
買い出しからはじめ、調理をし、作ったものを食べ、片付けまでをグループで行います。
基本的な包丁とまな板の使い方、調理器具にあった火加減、調理をしながら片付ける手順なども、自分の生活の為にも役立つと思いますので一緒に身に付けていきましょう。
お昼過ぎに料理が出来上がり皆で食べますので、おなかをすかせて来てくださいね!

★研修担当より
本年度の研修は7月30日の調理実習をもって終了となります。8月の開催はありません。
勤務や諸事情で受講が出来ない方は研修担当に連絡を下さい。よろしくお願い申し上げます。

-研修報告-


「当事者の出産・子育て」

講師:ビーチン芙美様 (府中療育センター メディカルソーシャルワーカー)
日時:2019 年 5 月 12 日(日) 13:00-14:30
会場:目黒区心身障害者センターアイあい館
-所感-
当事者の出産、子育てについての情報は世間にあまり知られておらず、このような研修で情報共有できることは貴重な場だと思いました。

受講者の所感を抜粋して掲載させていただきます。
当事者の出産で驚いたのが、特に特別な対応は必要なく薬を使えば自然分娩も可能と言うことでした。ただし安全のため2ヶ月前から入院が必要との事でした。 出産後の子育ての方法で、OTさんに作ってもらったデバイスなどを使いミルクをあげる動画を見せていただきました。赤ちゃんの時は袋型の抱っこ紐を使い、少し大きくなってくると膝の上に乗せ幼稚園の送り迎えをしていたそうです。
工夫次第で、いろいろなことができるのだと学びました。

「車椅子、電動車椅子の基礎と取り扱い方法」

講師:松田 健太様(神奈川リハビリテーション病院 リハ工学科)
日時:2019 年 5 月 14 日(火)14:30-16:30
会場:町田会議室
-所感-
受講者の所感を抜粋して掲載させていただきます。
車椅子には様々な部位があり、それらを調整する事で、座りやすくなったりする。座りやすさは、その人、個人で違うし、調整が細かくできる分、座りやすい状態を見つけるのは大変だと思いました。
自分自身車椅子自体は身近な存在であると認識していたが、詳しく説明を受け、知らない事が、まだまだたくさんあると実感した。

「身体を痛めない介助技術と日常での身体の使い方」

講師:わたなべ森の接骨院 渡辺院長
日時:2019 年 6 月 16 日(日)10:00-12:00
主催:町田ヒューマンネットワーク
参加:当社から3名が受講しました。
-所感-
介護職員の持病ともいう腰痛の予防を発展させて、首・肩・腰と痛めやすい部位を総合的に学べる研修でした。
特に今回は各部位に効くとされているツボを教えて頂けたことが良かったです。ツボなら通勤中の空き時間やちょっとした空き時間に押すことが出来ます。毎日のストレッチと併用して活用したいと思います。

研修① 研修②




-研修担当から-

本年度の研修スケジュール


通常研修
障害者差別解消法 9/8(土)9:30-12:00
アンガーマネージメント 9/18(火)14:00-17:00
国際福祉機器展 10/10(水)~12(金)
新入社員研修 10/17(水)・11/6(火)・11/15(木)他
ともプロシリーズ② 11/12(月)
障害者虐待防止・権利擁護研修 11/15~16・21
当事者シリーズ~LIFE~ 12/17(月)14:00-16:00
感染症対策 1月17日(木)15:00-16:30
ホームヘルパーとしての家事のポイント
(調理編)
2/20(水)14:00-17:00
当事者シリーズ~蹴る~(上映会) 2/16(土)15:20-
ヘルパーの為の腰痛予防ストレッチ 3/16(土)14:30-17:30
車いすの取り扱い 5/14(火)14:30-16:30
身体を痛めない介助技術と日常での身体の使い方 6/16(日)10:00-12:00

  

外部研修(外部機関での研修か講師や熟練スタッフによる自宅研修)
救命講習(外部) 自治体、消防署などによる
緊急対応(呼吸器、アンビュー、連絡体制) 人工呼吸器使用者宅
トランス リフターがない、使用しない方で障がいの特性に合う宅
調理実習 咀嚼、嚥下に障がいがあり特別な調理方法が必要な介助がある方や調理が苦手であり指導が必要な方

  

DVD・資料研修(事務所か自宅での研修で通常・外部研修を1回以上受講した方に限る)
ヘルパーとしての家事のポイント 食品衛生管理について
腰痛予防の為の体操・ストレッチ together(車椅子)
進行性の障がいを抱えながらの自立生活 事故ル
ハラスメント対策DVD


PAM研修通信と研修に関するお問い合わせ先


パーソナルアシスタント町田研修担当
町田本社担当 吉谷・松尾 電話 042-850-9141 mail yoshitani@pa-machida.co.jp
相模原 担当 小原   電話 042-851-4904 mail ohara@pa-machida.co.jp
横浜  担当 古林   電話 045-482-4213 mail furubayashi@pa-machida.co.jp
八王子 担当 吉沢   電話 042-634-9861 mail yoshizawa@pa-machida.co.jp

(携帯メールアドレスをご使用の方は、メール連絡等が受信できるよう設定をお願いします)


PAGE TOP