ヘルパー向けコンテンツ

PAM通信モバイル版

研修通信 vol.37 2012.10 発行



[研修担当者より事務連絡]

2012年度研修事業計画書にも記載しましたが、新たな方針が追加されました。
①新人研修(入社3ヶ月以内に利用者宅の同行訪問に加えて、新人オリエンテーションを受講頂きます)
②現任研修(上半期で1回以上、下半期でも資質向上のため積極的に受講下さい)



[これまでの研修のご案内]

*印のある研修は、講師の許可を得て特別に録画しています。日時調整のつかなかった方には、会社でご覧頂けます。ご希望の方は、研修担当者までご連絡下さい。事前予約制!貸出不可。

「国際福祉機器展(HCR)見学研修」(9月)

日本最大級の福祉用具・住宅改修用品の展示会に当社からも12名のヘルパーが見学に行ってきました。 私の感想としては、非常災害時に対応できるよう電動ベッドやエアーマットが製品改良されていることに感銘しました。従来製品も一部対応できるものもあります。非常災害時や停電時に備えた対応は、取扱説明書を再度確認されるか、メーカー又は販売店担当者に確認されることをオススメします。また、その情報をサービス担当者会議(カンファレンス)等で全ヘルパーが共有することも必要かと思います。



[今後の研修のご案内]


「障害当事者から学ぶシリーズ6重度訪問介護事業を活用した自立生活の魅力」*(DVD録画予定)【一般公開研修】

日時:2012年10月27日(土)13時半~15時
講師: 安藤信哉(当社取締役、関東学院大学修士課程修了、頸椎損傷)
後藤良孝(相模原事業所所長、頸椎損傷)
場所: 相模原事業所
*駐車場がありませんので、なるべく公共交通機関をご利用の上、徒歩でお越し下さい。
お車でお越しの方は、古淵駅周辺のコインパーキング等をご利用下さい。
内容:障害者の自己決定・自己選択を貫徹した理念方針を追求する会社概要、自立生活を支える各種制度、 就労と社会参加の試み、町田と相模原での自立生活体験談
募集枠:当社ヘルパー先着5名(相模原事業所ヘルパー優先)
備考:一般公開研修なので、相模原市内の障害者や相談員の方も参加します


「障害当事者から学ぶシリーズ7 進行性の障害を抱えながらの自立生活」*(DVD録画予定)

日時:2012年11月17日(土)14時~16時予定
講師:加藤純平(エスニック料理店経営、筋ジストロフィー)
戸津亜里紗(専修大学大学院修士課程修了、脊髄性筋萎縮症)
場所:まちだ中央公民館視聴覚室(6F)
内容:進行性の障害を抱えながらも当社のユーザースタッフとして活躍しているお二人に、①障害の特徴、 ②学校生活(普通学校と特別支援学校、大学への進学)、③ヘルパーへのお願い、④自立生活の 魅力等についてそれぞれお話し頂いた後に質疑応答と意見交換の場を設け、楽しい時間を過ごし たいと思います
募集枠:先着20名



「防災研修~利用者、ヘルパー、事業所の役割~」

日時:2012年11月15日(木)13時半~16時半
講師:大里宣之さん(社会福祉法人幹福祉会 介護福祉士、防災士、防災管理者、応急手当普及員)
場所:町田市民ホール 第4会議室
内容:講師は、阪神淡路大震災のボランティア経験や東日本大震災への被災者支援等を踏まえ、様々な 防災研修を実施してきた経験豊富な方です。一般論以外にも障害者にどんな防災が必要かの講義と ワークショップを開催予定です。
備考:町田ヒューマンネットワークさんとの共催です
募集枠:調整中(とりあえず先着順で受け付けます)



[2012年度上半期の予定]日時が確定次第、ご案内します



PAM研修通信と研修に関するお問い合わせ先

研修担当木村顔写真

パーソナルアシスタント町田
194-0013 町田市原町田4-18-6 マーブルパレス102
TEL:042-850-9141 FAX:042-850-9142
kimura@pa-machida.co.jp (研修担当:木村有孝)
*外部研修で私と書類の受け渡しをする場合は、右の写真を参考にして下さい。