ヘルパー向けコンテンツ

PAM通信モバイル版

研修通信 vol.42 2013.3 発行



[研修担当者より事務連絡]


2月末日で大まかですがヘルパースタッフ100名中60名が研修終了しました、
3月のサービス提供責任者会議で担当より正確な数値が発表されますが上半期100%を目標にしておりましたが難しい状況です、
年度末(8月末)の駆け込み受講となると日程の都合上、勤務を休まないと受講出来なくなってしまいますので余裕を持って受講して下さい、
都合により参加が難しい方は個別に対応しますので研修担当まで連絡を下さい。


[これまでの研修のご案内]


「映画【ちづる】「妹が僕に映画をつくらせた」自閉症の子と家族の絆の記録」

主催:町田市障がい者福祉懇談会 会場:町田市民フォーラム3F
日時:2012年2月12日(火)①10:30~12:00 ②19:00~20:30

映画の内容は「重度の知的障がい」と「自閉症」もつ子とその家族についてのドキュメンタリーでした。
ほとんどの方が初めて見る現場だったのではないでしょうか?
町田市で愛の手帳を持っている方は2616人おり人口比率0.6%(2012年1月の統計)で身体障がい者手帳保持者数の25%程です、
町田・相模原には多くの知的障がい者施設があります、
お店を経営している作業所もあります、
見つけたら是非立ち寄ってみてはどうでしょうか?
広角的に障がい福祉を学ぶ事で目の前の問題や疑問も柔軟に対応していけると思っています。



【障がい当事者から学ぶシリーズ8】 「医療的ケアを受けながらの自立生活」

会場:コメット会館5F 日時:2月18日(月)14:00~16:30
講師:小田 政利 (CIL北所属、TILベンチレーターネットワーク(呼ネット)代表)

今回は呼吸器を使用して自立生活を送っている小田さんの障がいの発症から現在に至るまでのお話を伺いました、
外出中に呼吸器のメインバッテリー切れでも介助者が動揺しないように平静を保ったフリで危機を乗り越えたお話や呼吸器の使用を迫られた時の葛藤を聴きとても勉強になりました、
当社の呼吸器使用ユーザースタッフからの質問にも親身に答えて頂きありがとうございました。



[今後の研修のご案内]


「初任者研修:接遇・マナー、個人情報保護等」

会場:町田事務所内  日時:4月16日(火)18:30~20:00終了予定
講師:佐々木 智康  小田嶋 陽子(当社サービス提供責任者)
内容:①接遇・マナー(「PAM心得」説明)、②個人情報保護法、③介助記録ノートの書き方、④特定加算事業所の条件、⑤質疑応答
対象:入社1~2年目でこの研修を1度も受講していない方
備考:上記対象者で日時調整のつかない方には、後日レポート研修を受講頂きます



PAM研修通信と研修に関するお問い合わせ先

(有)パーソナルアシスタント町田 相模原事業所
252-0331 相模原市南区大野台7-6-1 1階オフィス
TEL:042-851-4904 FAX:042-851-4905
研修担当 木田橋賢 後藤良孝