ヘルパー向けコンテンツ

PAM通信モバイル版

研修通信 vol.48 2013.9 発行


[今後の研修のご案内]


「車椅子の移動介助方法」(町田ヒューマンネットワーク様との共催)

日時:10月21日(月)PM13:30~17:00
会場:町田ヒューマンネットワーク
町田市原町田2-22-26 プレモ・レガーロ町田1階
詳細は下記の事務所案内をクリックして下さい
http://cil-mhn-enjoy.life.coocan.jp/jimusyo.html

内容:外出介助中に段差を上がれない溝や線路に挟まった経験はありませんか、
交通公共機関の車内で困ったことはないでしょうか、新人ヘルパーさんで外出介助に不安をお持ちの方はいませんか、
今年も2012年2月18日愛媛県、10月22日西池袋線にて車椅子で踏切を横断中にタイヤが線路にはまり電車に跳ねられるという痛ましい事故が起こりました、
事故は踏切だけでなく狭い歩道で対向者とすれ違う際に片側のタイヤが車道に落ちてひっくり返った事例もあります、
ベテラン講師と外での実地研修にてスキルを磨き安全に社会生活を送れるお手伝いが出来るようにしましょう。


「相模原市アピール行動」

日時:10月22日(火)
スケジュール:12:30~16:30(予定)
12:30 JR相模原駅前公園 集合 (駅ビルIts横)
13:00 アピール行進(市役所付近までの予定)
13:50 創る会・話し合い…参加者全員移動

内容:JR相模原駅から市役所までデモ行進と障がい福祉担当者との話し合いを行いました。
障がい福祉全般に関わる、あたりまえに生きる為の権利について要望書を提出しました、
3障がい(身体・知的・精神)在宅・施設・作業所在籍の当事者から今の不便さと未来への不安が語られました。
相模原市市役所は障がい者福祉に予想以上の理解を示して頂いて嬉しかったですが、国や県の補助無くして制度の維持は困難な状況との事でした、
今後も国政の動向に注意して行きましょう。(前回のデモ行進報告より抜粋)


「PAM・PAS初任者研修」

対象者:入社1年~2年目でこの研修を未受講の方
日時:対象者と相談し決定します
内容:スタッフ全員が同じ理想を持ち職務に携われるように当社の理念の復習と事務連絡・質疑応答を行います。
この研修は3カ月ごとの定期開催とし新人スタッフの育成に努める事とします。


[外部研修のご案内]


「介護技術講習会 基礎編」

主催:町田市介護人材開発センター様
日時:2013年10月5日(土)13:00~17:00
会場:社会福祉法人七五三会 いづみの里 5階ディルーム
内容:講義・移動・移動介助・排泄介助・認知症の基礎知識
持ち物:動きやすい服装、動きやすい室内履き
参加費:1000円(受付時に一時支払って頂きますが後日支給します)
※締切:9月27日(金)


[これまでの研修のご案内]


「自立生活へのステップ~いままでの道のり」

講師:芹澤 和也(当社ユーザースタッフ・相模原事業所勤務)
日時:8月30日(金)13:00~15:00
会場:相模原事業所 相模原市南区大野台7-6-1旭荘1F
報告:参加者ヘルパー2名 当事者3名 介助中ヘルパー4名
この研修では10年ほど前から現在までに至るまでの障がい当事者が自立する方法と制度について学びました。何よりも当事者の自立したい、したくなった気持ちに受講者のみなさんに深く考えてもらえる良い機会になったと思います。
講師の芹沢さんからは近隣の県・市の制度とサービス支給決定の詳細な情報を教えていただきました、自立する準備としてご自宅の住宅改修の概要(段差・お風呂・ベッド・トイレ・車椅子での居住空間の確保)を紹介して頂きました。ありがとうございました。


「DVD研修」全スタッフ対象です

DVDで受けられる研修一覧
・褥瘡予防              ・重度訪問介護を活用した自立生活の魅力
・ヘルパーとしての家事のポイント   ・進行性の障がいを抱えながらの自立生活
・腰痛予防のための体操・ストレッチ  ・障がい者福祉概論
・医療的ケアを受けながらの自立生活

参加出来なかった研修を事務所にて視聴することでスキルアップに繋げる研修です。
ご家庭等の諸事情で定期開催の研修に参加出来ないスタッフはDVD研修を活用して下さい。
(会議などの例外を除き営業中であればいつでも視聴出来ますので希望者は研修担当まで連絡を下さい)


PAM研修通信と研修に関するお問い合わせ先

(有)パーソナルアシスタント町田 相模原事業所
252-0331 相模原市南区大野台7-6-1 1階オフィス
TEL:042-851-4904 FAX:042-851-4905
研修担当 木田橋賢 後藤良孝