ヘルパー向けコンテンツ

PAM通信モバイル版

研修通信 vol.58 2014.7 発行


8月研修のお知らせ【希望者は研修担当へ連絡を下さい】


個別対応強化月間

ヘルパースタッフの皆様、研修担当の木田橋です。
年度末になりましたが研修は受講済みでしょうか。
今月が最後ですので未受講者を対象に個別対応強化月間とさせて頂きます、事務所やご自宅でDVDや資料、書籍によるレポート研修を個別に対応します。
働きながら家事や育児に時間を取られ、研修日時に合わせる事が出来ないスタッフも受講出来るようにします。
2014年6月以前に入社して、まだ本年度の研修を受講していないスタッフは必ず担当まで連絡を下さい。
宜しくお願いします。
※毎月1~3回開催している定期研修の開催は有りません。



「DVD研修」全スタッフ対象です


DVDで受けられる研修一覧
・褥瘡予防              ・重度訪問介護を活用した自立生活の魅力
・ヘルパーとしての家事のポイント   ・進行性の障がいを抱えながらの自立生活
・腰痛予防のための体操・ストレッチ  ・障がい者福祉概論
・医療的ケアを受けながらの自立生活

参加出来なかった研修を事務所にて視聴することでスキルアップに繋げる研修です。
ご家庭等の諸事情で定期開催の研修に参加出来ないスタッフはDVD研修を活用して下さい。
(会議などの例外を除き営業中であればいつでも視聴出来ますので希望者は研修担当まで連絡を下さい)


「ヒヤリングシートの記入して下さい」


ヒヤリングシートとは本年度と来年度の研修についてのアンケートです。
サービス提供責任者から記入の依頼が来ていると思います、研修はこの結果を基に来年度の研修課題と目標を作成するように義務付けてられています、皆様の声を聞かせて下さい。
お忙しいと思いますが、どこかのお宅で1枚記入して頂ければ結構ですので7月末までに記入して下さい。
宜しくお願いします。



[これまでの研修のご案内]


「町田市の障がい福祉を考える」

日時:2014年6月10日(火)18:30-21:00
会場:和光大学ポプリホール鶴川地下1階ホール
参加:2名

-報告-
町田市障がい者福祉懇談会様主催のシンポジウムでした、市内で障がい福祉に尽力されている3名のパネラーからは人人材不足が指摘されていました、集まった人材をどう育成していくかが重要になっているそうです。当社も無資格、未経験者を多く採用しています、新人スタッフが意欲的に続けていけるように、中堅スタッフが新人をフォローしつつ、自己スキルアップを目指せる環境作りが大切だと参加者の所感を頂きました。
相談窓口以外にも新人・初任者の両研修の充実とPAMカフェで他の利用者様宅のヘルパースタッフの交流を持ちたいと思います。


「何を思って介助している」

日時:2014年6月17日 13:30-16:30
会場:せりがや会館
参加:18名(当社3名参加)

-報告-
昨年9月に続き町田ヒューマンネットワーク様主催で開催されました。 前回とは若干構成は変更されていましたが、各々この仕事で感じた事を話せていたと思います。
詳細は昨年同様に非公開とさせて頂きます。
私が言える範囲での感想ですが、最後には18人たち距離感が縮まった様に思えて楽しい空間になりました。
来年度9月にも同研修を予定しています、気になる方は是非参加申し込みをして下さい。


PAM研修通信と研修に関するお問い合わせ先

(有)パーソナルアシスタント町田 相模原事業所
住所:252-0331 相模原市南区大野台7-6-1 1階オフィス
TEL:042-851-4904 FAX:042-851-4905
メールアドレス:kidahashi@pa-machida.co.jp
(携帯メールアドレスをご使用の方は、メール連絡等が受信できるよう設定をお願いします)
研修担当:木田橋 賢・後藤 良孝