ヘルパー向けコンテンツ

PAM通信モバイル版

研修通信 vol.59 2014.8 発行


8月研修のお知らせ【希望者は研修担当へ連絡を下さい】


「何を思って介助しているか」町田ヒューマンネットワーク様主催

講師:池田 まり子さん(町田ヒューマンネットワーク事務局長)
日時:2014年9月16日(火)13:00~16:00
会場:せりがや会館 和室
   アクセスは下記のHPを参照して下さい。
http://www.machida-shakyo.or.jp/sonota/annaizu.htm
参加:ヘルパースタッフならどなたでも可
-内容-
あなたは普段、介助に入ってどんなことを考えたり、感じたりしていますか?
利用者さんと気持ちがすれ違って、悲しく感じたことはありませんか?
逆に、嬉しかったことや、新しく発見したことはありますか?
この研修では、介助者同士がグループ形式で、気持ちや体験の伝えあいをします。
これまでは利用者・介助者それぞれのグループに分かれて話していましたが、今回は参加者からの希望に応えて、介助者のみ(部分的に障害者スタッフが関わります)で気持ちを聞きあいます。
普段、なかなか話しづらい気持ちを、安心できる環境の中で話せるチャンスです。
参加者のみが言える・知れる・共感し合える研修です。



「初任者研修」

講師:当社サービス提供責任者
日時:2014年9月22日(月)10:30~12:00
会場:パーソナルアシスタント町田事業所
参加:ヘルパースタッフでこの研修を受けた事が無い方、再確認したい方
-内容-
PAM心得・ヘルパーの心得・事務連絡・記録ノートの正しい書き方の再確認を行います。
新人スタッフならでは誰もが思うような疑問について考えます。
弊社の理念である3者平等・愚行権・利用者主体この3点の再確認を行います。
仕事全般の疑問にお答えします。



「国際福祉機器展」

日時:2014年10月1日(水)~3日(金)
会場:東京ビックサイト 東展示ホール
参加:スタッフ全員
参加希望者は来場する日時と時間を研修担当まで連絡を下さい。
最大3時間分の研修参加費と交通費全額を支給します。
今年は下記の企画が予定されているようですので抜粋してご紹介します。
詳しくは下記のHPをご覧ください。
http://www.hcr.or.jp/index.html



国際福祉機器展特別企画(予定)

(1)利用者・家族向け講座「福祉機器 選び方・使い方セミナー」の開催

(2)福祉施設役職員・福祉機器企業関係者等向けのセミナーの開催

(3)海外の社会保障、福祉制度・施策に関するシンポジウムの開催

(4)時代の変化に応じた特別企画を開催


「感染症対策」町田ヒューマンネットワーク様との共催研修

講師:能登山 陽(衛生管理責任者)
日時:2014年10月9日(木)18:30~20:00
会場:パーソナルアシスタント町田事務所、又は近隣施設を予定しています。
参加:スタッフならどなたでも可
-内容-
当社の衛生管理責任者から普段からの感染予防方法とインフルエンザやノロウイルスの処置と対応、感染してしまった場合の社内マニアル、健康診断や予防接種の重要性をレクチャーして頂きます。
私たちの仕事は特に蔓延しやすい環境であり利用者さんには抵抗力の弱く重篤な症状に陥りやすい方も多数おられます、この研修でしっかり知識を身に付けて健康で安全な職場環境を作りましょう。



「DVD研修」全スタッフ対象です


DVDで受けられる研修一覧
・褥瘡予防              ・重度訪問介護を活用した自立生活の魅力
・ヘルパーとしての家事のポイント   ・進行性の障がいを抱えながらの自立生活
・腰痛予防のための体操・ストレッチ  ・障がい者福祉概論
・医療的ケアを受けながらの自立生活

参加出来なかった研修を事務所にて視聴することでスキルアップに繋げる研修です。
ご家庭等の諸事情で定期開催の研修に参加出来ないスタッフはDVD研修を活用して下さい。
(会議などの例外を除き営業中であればいつでも視聴出来ますので希望者は研修担当まで連絡を下さい)


「ヒヤリングシートの記入して下さい」


ヒヤリングシートとは本年度と来年度の研修についてのアンケートです。
サービス提供責任者から記入の依頼が来ていると思います、研修はこの結果を基に来年度の研修課題と目標を作成するように義務付けてられています、皆様の声を聞かせて下さい。
お忙しいと思いますが、どこかのお宅で1枚記入して頂ければ結構ですので7月末までに記入して下さい。
宜しくお願いします。



[これまでの研修のご案内]


「食品衛生管理」

講師:関 まり奈 さん(栄養士)
日時:2014年7月26日(土)13:00-14:30
会場:相模原事務所
参加:ヘルパースタッフ 4名
-報告-
長野でサッカー大会に参加していた小学生らが、仕出し弁当を食べて嘔吐や下痢で搬送された(7/25)福井県でジャガイモを食べた児童6名が植物性自然毒で腹痛と吐き気を訴えた(7/26)※Yahooニュースより
食中毒に関するニュースは社会性がある内容しか報道されません、しかしその原因の殆どは家庭でもあり得ると思います、この暑い時期にどのようにするべきでしょうか、今回は給食センターや保育園で調理に携わっておられる、関まり奈さんにお越し頂きまして、食中毒の原因と家庭でも出来る衛生管理の方法を指導して頂きました。


研修担当より

本年度も社内研修へのご理解とご協力を下さりましてありがとうございます。
少しでも皆さんの仕事に役立つ研修を考えて行きますの、来年度も宜しくお願い致します。
※10月の研修は上記2つ以外に相模原アピール行動と調理実習を企画中です、詳細は次号でお伝えします。

PAM研修通信と研修に関するお問い合わせ先

(有)パーソナルアシスタント町田 相模原事業所
住所:252-0331 相模原市南区大野台7-6-1 1階オフィス
TEL:042-851-4904 FAX:042-851-4905
メールアドレス:kidahashi@pa-machida.co.jp
(携帯メールアドレスをご使用の方は、メール連絡等が受信できるよう設定をお願いします)
研修担当:木田橋 賢・後藤 良孝