ヘルパー向けコンテンツ

研修通信 vol.61 2014.10 発行


新年度研修のお知らせ【希望者は研修担当へ連絡を下さい】


「身体介助」町田ヒューマンネットワーク様主催

日時:2014年11月10日(月)13:30-16:30
会場:町田ヒューマンネットワーク
   アクセス方法 http://cil-mhn-enjoy.life.coocan.jp/map.html
講師:大井 篤志さん(町田ヒューマンネットワークコーディネーター)
参加:どなたでも可
持ち物:ボタンの付いたシャツ・ジャージやスエット(衣服の上から着れる物)
-内容-
先月号でヒヤリングシートの集計結果を掲載しました、身体介助や移乗介助について多くの方が習いたい希望がありました。そこで町田ヒューマンネットワーク様のご協力により、今回はリフターを使用しない方法でベッドから車いす、そして車いすからベッドへの移乗介助方法とベッド上での身体介助を学んで頂きます。その他にトイレでの介助も予定しています。停電などの緊急時にも対応出来るスキルを身につけましょう。



「外出時における手動車いすの操作」町田ヒューマンネットワーク様主催

日時:2014年11月28日(金)13:00-16:00
会場:町田ヒューマンネットワーク(集合して市内を歩きます)
   アクセス方法 http://cil-mhn-enjoy.life.coocan.jp/map.html
講師:笠井 宰祥さん(町田ヒューマンネットワークコーディネーター)
参加:どなたでも可
-内容-
車イスの部位の名称や機能についての説明をした後に、参加者がユーザーとヘルパー役を交互に体験して頂きます、数センチの段差の衝撃や自動車や自転車などへの配慮、大きな段差の乗り越え、階段や傾斜している道路の通過方法を学びます。最後のエレベーターの乗り降りする難易度の高い介助訓練を行う予定でいます。
外出介助される側を体験してみたい方にも良いと思います、体験する事によってあなた自身の介助方法が変わるかもしれません。



「腰痛対策」

日時:2014年12月11日(木)18:00-20:00
会場:まちだ中央公民館7F和室1
講師:平塚 悠紀 様(ワン・ライフ訪問介護ステーション代表 理学療法士)
参加:どなたでも可能です、動きやすい服装で来て下さい。
-内容-
専門家による腰痛のメカニズムの講座と予防改善のストレッチを教えて頂きます。毎日かせめて勤務前にでもこのストレッチを行う事をお勧めします。既に腰痛をお持ちの方は勿論ですが予備軍の方も体得し、自分の身体に優しい介助が出来るようになりましょう。



「DVD研修」全スタッフ対象です


DVDで受けられる研修一覧
・褥瘡予防              ・重度訪問介護を活用した自立生活の魅力
・ヘルパーとしての家事のポイント   ・進行性の障がいを抱えながらの自立生活
・腰痛予防のための体操・ストレッチ  ・障がい者福祉概論
・医療的ケアを受けながらの自立生活

参加出来なかった研修を事務所にて視聴することでスキルアップに繋げる研修です。
ご家庭等の諸事情で定期開催の研修に参加出来ないスタッフはDVD研修を活用して下さい。
(会議などの例外を除き営業中であればいつでも視聴出来ますので希望者は研修担当まで連絡を下さい)


研修報告


「何を思って介助している」

参加:1名
-報告-
普段の研修とは違いアットホームで自由な堅苦しさを感じさせない研修でした。自己紹介や簡単なゲームで緊張を解してから始まりました。普段は出しづらくなる感情をだすことや傾聴の大切さを学ぶ事が出来ました。
グループ別で色々な方と会話出来た事で、悩みや体験の共有が出来る良い内容でした。(参加者の所感から抜粋)
この研修は話の内容で個人情報が漏えいする可能性があるので具体的な内容は非公開とさせて頂きます。


「初任者研修」

参加:1名
-報告-
重度訪問介護の特徴、PAMスタッフの心得、ヘルパー・スタッフの役割、特定事業所加算について、記録ノート重要性、その他質疑応答を行いました。
この研修は当社のヘルパースタッフに必要な基礎知識を学ぶ研修です。入社後半年以内に受けることを推奨しています。



PAM研修通信と研修に関するお問い合わせ先

(有)パーソナルアシスタント町田 相模原事業所
住所:252-0331 相模原市南区大野台7-6-1 1階オフィス
TEL:042-851-4904 FAX:042-851-4905
研修担当:木田橋 賢・吉谷 香織
メールアドレス:kidahashi@pa-machida.co.jp
(携帯メールアドレスをご使用の方は、メール連絡等が受信できるよう設定をお願いします)