ヘルパー向けコンテンツ

研修通信 vol.64 2015.1 発行


研修のお知らせ【希望者は研修担当へ連絡を下さい】


「座談会」(仮称)


日時:2015年2月16日(月)14:00~16:30
会場:町田ヒューマンネットワーク アクセス方法 http://cil-mhn-enjoy.life.coocan.jp/map.html
参加:当社ヘルパー、利用者様、事務スタッフ全員が対象になります。
持ち物:筆記用具

-内容-
利用者さんはどんなことを思いながら介助を依頼しているのでしょう、ヘルパーは何を思っているのでしょう。
複数の利用者さんとヘルパーが話し合える機会はそう多くないと思います。当社ではカンファレンスやPAMカフェと通して、介助技術や伝達事項の報告以外に心地よい関係作りを目指しています。座談会では、カンファレンスより広範囲な話し合い、PAMカフェより具体的な内容にしたいと思います。
当社の理念は「3者が手を取り合って理想の障がい福祉を目指す」ことです。障がい福祉、ヘルパーとして、利用者として、事務スタッフとして、思っていることを気楽に話し会える時間にしたいと思います。



「DVD研修」全スタッフ対象です


DVDで受けられる研修一覧
・褥瘡予防              ・重度訪問介護を活用した自立生活の魅力
・ヘルパーとしての家事のポイント   ・進行性の障がいを抱えながらの自立生活
・腰痛予防のための体操・ストレッチ  ・障がい者福祉概論
・医療的ケアを受けながらの自立生活

参加出来なかった研修を事務所にて視聴することでスキルアップに繋げる研修です。
ご家庭等の諸事情で定期開催の研修に参加出来ないスタッフはDVD研修を活用して下さい。
(会議などの例外を除き営業中であればいつでも視聴出来ますので希望者は研修担当まで連絡を下さい)


研修報告



「腰痛対策」


講師:株式会社ワン・ライフ 代表取締役 平塚悠紀 様
参加:18名(町田ヒューマンネットワーク様 7名)

-報告-
私事ですが、22時に入浴と就寝介助が終わり帰宅することがあります。12月の急激な寒波が入浴介助後の腰に追い打ちをかけていました。腰痛持ちのスタッフは各々対策を講じていると思います。私も前回(昨年4月)に平塚先生より腰痛予防指導をして頂きました。実践した結果、慢性的な接骨院への通院が無くなりました。
是非とも、同じく腰痛に悩むスタッフに指導して頂きたく思いました。
平塚先生の楽しい体操から始まり、腰痛のメカニズムと数種類のストレッチを教えて頂きました。
お尻歩きの往復はかなりきつかったです(写真参照)。
腰痛対策は年2回の頻度で開催したいと思います。

研修風景

研修風景1 研修風景2 研修風景3

























PAM研修通信と研修に関するお問い合わせ先

(有)パーソナルアシスタント町田 相模原事業所
住所:252-0331 相模原市南区大野台7-6-1 1階オフィス
TEL:042-851-4904 FAX:042-851-4905
研修担当:木田橋 賢・吉谷 香織
メールアドレス:kidahashi@pa-machida.co.jp
(携帯メールアドレスをご使用の方は、メール連絡等が受信できるよう設定をお願いします)