ヘルパー向けコンテンツ

研修通信 vol.65 2015.2 発行


研修のお知らせ【希望者は研修担当へ連絡を下さい】


「防災」


日時:2015年3月13日(金)14:00-16:30
会場:町田駅周辺を予定しています(後日、参加希望者にのみお知らせします)。
持ち物:筆記用具・自宅で用意している防災グッズがありましたら持って来て下さい。
対象者:当社スタッフ
-内容-
私たちは過去20年間に幾度も大きな震災に見まわれました。阪神淡路大震災(1995.1.17)、新潟県中越大震災(2004.10.23)、東日本大震災(2011.3.11)、栄村大震災(2011.3.12)が大震災と呼称された災害です。この他にも伊豆や広島で起きた災害も記憶に新しいです。
当社では町田ヒューマンネットワーク様のご協力で、2年連続で東日本大震災のドキュメンタリーの上映と被災当事者とのディスカッションを研修に取り入れて来ました。今回の防災研修では、皆さんがあの日に困ったことや問題を解決した方法を話し合いたい、今後の備えについて再確認して行きたいと思います。



「ヘルパー出来る・出来ないこと」


日時:2015年4月25日(土)15:00-17:00
会場:パーソナルアシスタント町田事務所
持ち物:筆記用具
対象者:当社スタッフ
-内容-
パーソナルアシスタント町田では、資格講習と初任者研修にてヘルパースタッフが行えない行為を説明しています。初任者研修は誰でも再度受講出来るようになりましたが、まだまだ新人スタッフの研修だと言う認識が消えず、中堅スタッフ以上の参加が少数です。何年も前の制度や法令の知識で介助しているスタッフもいると思われます。
パーソナルアシスタント町田ではコンプライアンス(法令尊守)を強化していることから、上記2つ以外に最新の法令・事例を基にした研修を行いことになりました、スタッフ全員が正しい知識と自覚を持ち働いてもらいたいと思います。



「DVD研修」全スタッフ対象です


DVDで受けられる研修一覧
・褥瘡予防              ・重度訪問介護を活用した自立生活の魅力
・ヘルパーとしての家事のポイント   ・進行性の障がいを抱えながらの自立生活
・腰痛予防のための体操・ストレッチ  ・障がい者福祉概論
・医療的ケアを受けながらの自立生活

参加出来なかった研修を事務所にて視聴することでスキルアップに繋げる研修です。
ご家庭等の諸事情で定期開催の研修に参加出来ないスタッフはDVD研修を活用して下さい。
(会議などの例外を除き営業中であればいつでも視聴出来ますので希望者は研修担当まで連絡を下さい)


研修報告


「PAM初任者研修」


日時:2015年1月8日(木)11:00-12:30 横浜事務所にて3名出席
   2015年1月18日(日)11:00-12:30 相模原事務所にて5名出席
-内容-

  1. 重度訪問介護(重度訪問介護の特徴、禁止事項)
  2. PAMスタッフの心得(三者は対等と愚行権、相手を尊重した意見、実践すべきこと)
  3. ヘルパースタッフの役割
  4. 特定事業所加算について(健康診断、研修、カンファレンスなど参加)
  5. 記録について(記録ノートの必要性、注意点、個人情報とプライバシー保護)
上記5つの項目について、法令と理念を中心に1時間強の研修を行いました。今回は新人スタッフの参加が多く、実務で感じたことや学んだことを話させてもらいました。これらは当社のヘルパースタッフとして必要な知識です。いま一度、持ち帰った資料に目を通して下さい。
また、PAM初任者研修はスタッフが必ず1回以上の受講が義務付けられています。初心に戻りたい方の参加もお待ちしています。






PAM研修通信と研修に関するお問い合わせ先

(有)パーソナルアシスタント町田 相模原事業所
住所:252-0331 相模原市南区大野台7-6-1 1階オフィス
TEL:042-851-4904 FAX:042-851-4905
研修担当:木田橋 賢・吉谷 香織
メールアドレス:kidahashi@pa-machida.co.jp
(携帯メールアドレスをご使用の方は、メール連絡等が受信できるよう設定をお願いします)