Facebook logo
vol.76 2016.1 発行

研修のお知らせ【希望者は研修担当へ連絡を下さい】


「映画「くちづけ」鑑賞会」


映画くちづけ上映会ポスター



映画ぷかぷか上映会ポスター





「DVD研修」全スタッフ対象です


DVDで受けられる研修一覧
・褥瘡予防              ・重度訪問介護を活用した自立生活の魅力
・ヘルパーとしての家事のポイント   ・進行性の障がいを抱えながらの自立生活
・腰痛予防のための体操・ストレッチ  ・障がい者福祉概論
・医療的ケアを受けながらの自立生活

参加出来なかった研修を事務所にて視聴することでスキルアップに繋げる研修です。
ご家庭等の諸事情で定期開催の研修に参加出来ないスタッフはDVD研修を活用して下さい
(会議などの例外を除き営業中であればいつでも視聴出来ますので希望者は研修担当まで連絡を下さい)。


【研修報告】



「調理実習」

日時:2015年12月13日(日)15時00分~18時30分
講師:安井 恵子(サービス提供責任者兼研修担当)
会場:町田市民フォーラム調理実習室
参加:当社9名 町田ヒューマンネットワーク様から9名

-報告-
今回の実習では冷蔵庫にある食材を使用して「何か作らなければならない」状況を再現してみました(材料は下部の写真を見て下さい)。
意地悪にもコレがあったらと思う調味料を用意しませんでした。食材・時間も限りある中でも有志の班長さんを中心に献立を考えるところから後片付けまでの工程を研修しました。
途中にお米を研ぐのが数年ぶり、包丁なんて持ったことが無いスタッフも料理経験者から教えてもらいながら 参加してもらいました。
途中に食材争奪戦やらがありましたが初の試みは成功したと感じています。

ー研修風景ー
研修風景講師の安井さん

講師の安井さんです。
班長さんとの調整や食材の準備もやって下さいました。余った食材を使いピーマンの肉詰めも作って下さいました。

研修風景1 研修風景2 研修風景3 研修風景4



各班と料理を紹介します

1班(加美山班長)

生姜を利用!

加美山班集合写真 加美山班研修風景2


加美山班料理1

☆まぜごはん
ごはんは、炊飯器で白米を炊く。

→精米の技術が向上してます。お米は研ぐというよりは水で洗う感じです。一回目はざっと濡らす感じで二回目以降はくるくると優しくかき混ぜてゆっくりと水を捨てましょう。一粒もお米を流さないような気持でするといいとおもいます。2,3回で大丈夫です。

→残り物のおかず、残り物のごはんを活用しても大丈夫!
生姜はなるべく細く千切りに
フライパンに油をひき、適当な大きさにきった鶏肉、しめじ、ゴボウ、ニンジンを炒める。
塩、酒を加え醤油で味を調える。ごはんに混ぜるので汁多め味を濃い目に仕上げる。
炊きあがったごはんに白い所が無いように切るように混ぜ、三つ葉や海苔をふる。

○食べたい分量のごはんに合わせて具の量を調節すると良いかもしれません(*^-^*)

材料

鶏肉
しめじ
ごぼう
にんじん
三つ葉

しょうゆ






加美山班料理2

☆白菜ロール
白菜は一枚ずつはがして使います。
一度、湯に通し柔らかくします。粗熱を取る為に水に少しさらします。
白菜に肉を重ね塩胡椒し、芯の方からクルクルときつく巻きます。楊枝など使わなくてもだいじょうぶです。
煮汁を作ります。
生姜をひとかけ3ミリ位にスライスし、水、塩、コショウコンソメなどと一緒に入れます。

○麺つゆや、醤油、クリームシチューなどアレンジ可能です。
今回はコンソメと生姜を使い、あっさり味になりました。和風のあんかけ風もおいしいですよ。(*^-^*)
生姜は味を引きしめたり、臭みを取るのに使います。
和風だし煮汁がひと煮立ちしたら、巻き終わりをしたにして白菜ロールを入れます。
10分位、蓋をして煮たら出来上がりです。輪切りにして盛り付け 煮汁に入れた生姜は取り出してください。

材料

生姜 
酒 
白菜
玉ねぎ
豚ロース(薄切りして下さい)
塩 
故障 
コンソメ




2班(近藤班長)

近藤班集合写真 近藤班研修風景1

トマト争奪戦です。
近藤班長さんが調整してくれました。
食材の特性や旨味の出し方を話してくれました。
出来たてを食べてもらえるように時間も考慮していました。

近藤班研修風景2

☆トマトスパゲティ
ニンニクをオリーブオイルで弱火で火をいれ、キツネ色になったらトマトとお酒を加えて煮詰める。
パスタを海水ぐらいの塩加減のお湯で、ソースを混ぜる時間を差し引いた時間で茹で、ザルでお湯をきらず、トングで直接ソースと絡めて完成です。

☆もやしとピーマンとひき肉の炒めもの
牛挽き肉を油を敷かずに強火で炒める。牛挽き肉が黒みがかってきたら細く切ったピーマンを投入、一気に火をいれる。そして醤油、みりん、お酒を同じ比率で入れ、軽く茹でておいたもやしを入れて完成です

☆大根のコンソメスープ
大根を切って、茹でて、コンソメを入れて完成です。



3班(丸山・高橋班長)

丸山・高橋班集合写真 丸山・高橋班研修風景1

クジ引きでヒューマンさん1人と不利な状況。でも彼女の起死回生の味付けで塩不足を克服しました。
塩不足による味不足で最初に作ろうとしていた「まるごとトマトのスープ」をパスタに応用しました。
結果的に味不足を見た目の美しさでフォローできたと思います(丸山班長)

丸山・高橋班研修風景2

☆スペイン風オムレツ

①下ごしらえ~野菜類を切る~
パプリカは1×2㎝、玉ねぎは1×1㎝の角切りにする。シメジは石附を切り取り房を分ける。
ニンニクをみじん切りにする

②卵液を作る
ボールに卵4個を割り入れかき混ぜ、塩、胡椒をふる

③炒める
フライパンにオリーブオイルを入れみじん切りにしたニンニクを入れ香りが立ったら玉ねぎと挽き肉、シメジを入れ火が通るまで炒め、パプリカを入れて火加減を調節しながら炒め塩胡椒で味を整える。

④卵液を入れる
炒めた③に卵液を入れ中火で卵が固まりかけたら弱火にし、蓋をして待つ

⑤盛り付ける
④の卵が固まってきたら少し火を強め
表面を軽く焦げ目が着くまで火を通し、お皿に移すし、ケチャップをかける

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

☆タコのカルパッチョ

①下ごしらえ
タコはぶつ切りにし玉ねぎはスライスにし水にさらして苦味が抜けたらザルに上げ、水をよくきっておく

②合える
ボールに①のタコと玉ねぎスライスを入れ、オリーブオイル、醤油、お酢を味をみながら入れ混ぜる(あればワサビを多めに入れると良い)③盛り付ける食べる少し前に②をお皿に盛る。時間が経ち水分が出ている場合はお箸やトングで取り、汁気をきりながら、メインのタコ見栄えを良く盛り付ける。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

☆エノキとキャベツの和え物

①下ごしらえ
エノキは石附を切り落とし、半分に切り、ほぐして皿に入れ、醤油(あればポン酢が良い)を振りかけ、電子レンジで1~2分加熱する。キャベツは千切りにする。

②和える
ボールにキャベツの千切りを入れ、①のエノキを入れ合える。有り合わせの調味料(今回は焼肉のタレなど)で味付けをする

③皿に盛る

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

☆ニンニクとツナのパスタまるごとトマトのスープがけ

①まるごとトマトのスープを作る
トマトはヘタの部分をくりぬき丸ごと鍋に入れ被るぐらいの水を入れ鶏ガラスープの素を入れトマトが崩れるまで、ひたすら煮込む

②ニンニクをみじん切りに切り、ツナ缶は油を切るキャベツはざく切りにする

③パスタを茹でる
鍋に沸かしたたっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを袋に書いてある表示時間茹でる。 茹で上がったらザルに上げオリーブオイルを絡めて麺がくっつかないようにする。 ④フライパンにオリーブオイルを入れ②のニンニクを入れ香りが立ったらツナ、 キャベツを入れパスタを入れ、パスタの茹で汁を少し加え、塩、胡椒で味付けする。

⑤皿に盛る
③のパスタを皿に盛り、①のトマトスープを上からかける。



4班(吉谷班長)

吉谷班集合写真 吉谷班研修風景1

一汁三菜!!
食材を見ながら献立を考えています。

吉谷班研修風景1

☆お味噌汁

材料:白菜、わかめ、豆腐、だし、味噌

1、 白菜を洗って2㎝幅位に切る
2、 わかめを水でもどしておく
3、 鍋に水とだしの素を入れて火にかける
4、 白菜をいれる
5、 豆腐を1,5㎝角位に切る
6、 豆腐を入れ、最後にわかめを入れる
7、 味をみながら、味噌を溶いていく

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

☆炊き込みごはん

材料:お米4合、しめじ、人参、ゴボウ、鶏肉、竹輪、だし、お酒、砂糖、醤油

1、 お米は研いでおく
2、 ゴボウは泥を洗い包丁の背で表面をこそげ、ささがきにする
3、 ささがきにしたゴボウは灰汁取りの為、水につけておく
4、 人参も薄めに短冊切り
5、 しめじもへたを落とし、食べやすいよう房を分けておく
6、 鶏肉は1㎝角位、竹輪は薄切りにしておく
7、 フライパンに油を熱し、鶏肉、ゴボウ、人参、しめじ、竹輪の順で炒めていく
8、 だし、お酒、砂糖、醤油で味付け
9、 研いだお米にだしを加え、4合分の水を入れる
10、炒めた具材を入れ、炊く


-----------------------------------------------------------------------------------------------------

☆ハンバーグ

材料:ひき肉、玉ねぎ、卵、小麦粉、ケチャップ、ソース、白菜、じゃがいも、塩コショウ

1、 玉ねぎはみじん切りにする
2、 ひき肉と玉ねぎ、卵、小麦粉を合わせ、形を整える
3、 フライパンに油をひき、温める
4、 ハンバーグの表面に少し焼き目が付いたら、ひっくり返し、両面焼く
5、 蓋をして蒸し焼きにする
6、 焼いている間に、ケチャップとソース1:1で合わせておく
7、 付け合わせの、白菜を2㎝位、ジャガイモも皮をむき一口大に切る
8、 レンジで10分位加熱する
9、 白菜、ジャガイモは塩、コショウで味付け
10、余分な油をキッチンペーパーでふき取り、ソースをいれ、ハンバーグにからませる

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

☆きんぴらごぼう

材料:人参、ゴボウ、豚肉、竹輪、だし、お酒、砂糖、醤油、ごま

1、 人参は千切り
2、 ゴボウは炊き込みごはん同様にささがきにする
3、 竹輪は縦に千切り
4、 豚肉は少し小さめに、ざく切りにする
5、 フライパンに油を熱し豚肉、ゴボウ、人参、竹輪の順でしんなりするまで炒める
6、 火が通り、しんなりしてきたら、だし、お酒、砂糖、醤油を入れ、煮詰める
7、 だし汁が少なくなってきたら、最後にゴマをふる




PAM研修通信と研修に関するお問い合わせ先

(有)パーソナルアシスタント町田 相模原事業所
住所:252-0331 相模原市南区大野台7-6-1 1階オフィス
TEL:042-851-4904 FAX:042-851-4905
研修担当:木田橋(相模原) 吉谷(町田) 安井(横浜)
メールアドレス:kidahashi@pa-machida.co.jp
(携帯メールアドレスをご使用の方は、メール連絡等が受信できるよう設定をお願いします)


PAGE TOP