vol.175 2020.6 発行

新型コロナウイルス詐欺に気を付けて!

最近、私の友人Aくんが危うく騙されそうになりました。インターネット閲覧中に突然ピー!!という不安を煽るような音が鳴り、画面上に「このパソコンはウイルス感染の疑いがあります。3分以内にコールセンターに電話しないと壊れます!」という文章が、慌てたAくんは画面上に書いてあるコールセンターに電話をしたところ8万円ほどのウイルス駆除費用を請求されたそうです。Aくんは怪しいと思ってすぐに電話を切り、私に相談をしてくれました。話を聞いて私はすぐに詐欺だと思いました。念のため画面上に書いてあるコールセンター先の会社名を消費者ホットライン188に照会したところ、すでに同様のケースで被害報告が出ている詐欺会社でした。

さて、このコロナ禍を利用した詐欺も増えているようです。特別定額給付金の申請案内を装ったものやPCR検査や物品寄付などを利用したものなど、手口は巧妙化複雑化しています。人間、心理的不安を煽られると冷静な判断ができなくなるものです。ですが、ちょっとでも不審な印象があるのなら下記の番号へお電話をしてみてください。

消費者ホットライン 188番
出典:消費者庁ウェブサイト
https://www.caa.go.jp/policies/policy/local_cooperation/local_consumer_administration/hotline/

新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン 0120-213-188番
出典:消費者庁ウェブサイト
https://www.caa.go.jp/notice/entry/019732/

まだまだ活用したい求職・求人台帳

PAM・PAS・PAY・PAH と、事業所が4カ所に増えました。働きたい人などがい たとき、いままでは人事担当者が台帳管理をしてきましたが、事務の効率化を図る為、 サービス提供責任者が求職・求人窓口の担当になりました。希望介助の曜日、時間帯 や性別等必要情報を伝えて台帳に登録させて頂きます。 台帳が皆様に有効活用されることで募集時の対応が迅速に行え3スタッフに大変 便利になるかと思います。 利用者様、ヘルパーの皆様には台帳登録と、その後、契約完了時の登録の取り下げ をサービス提供責任者にご連絡頂き、いつでも皆様のニーズに応える事が出来る台帳 作りを目指して行きたいと思いますので、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。


TOP